プロ用と家庭用の包丁

プロ用と家庭用の包丁の違い

包丁は料理をするためには欠かすことのできない道具です。

早い人なら、小学生ぐらいのころからお母さんの料理の手伝いとして、包丁を握っていたのではないでしょうか。

そんな包丁にはさまざまな種類があり、使う用途によって選び方も異なります。

では、一般の家庭用として使われているものと、プロ用として使われているものとの違いとはどのようなものなのでしょうか。

近年では金物屋さんなどに行かなくても、デパートやホームセンターなど、どんな場所でも手に入るようになりました。一般の家庭用として、一番多く使われているのが刃渡り18センチほどの万能包丁です。

万能と言われるだけあって、その一本で食材の全てに使うことができるのが魅力です。

肉や野菜、魚など、切るものを選びませんので、日本の家庭で一番多く使われているタイプと言えるでしょう。

この他にも、菜切り、出刃などのタイプがあります。この2つはプロ用としても多く使われていますが、古くから家庭用としても使われてきたものです。

菜切りは、野菜を切るためのもので直線的な刃の形に特徴があります。薄さが命の桂むきには、菜切りの刃は欠かせないといわれています。

出刃は和包丁の一つで、刃は厚く重みがあり、魚の三枚卸などの調理に向いていることで知られています。また、出刃はその特徴から和食のプロも使用します。

家庭用の出刃は大きくない小出刃を使いますが、プロの場合は各サイズを使い分けているようです。このように家庭用にもいくつかの種類があるのがわかります。

これらの種類は家庭で普通に使う分には、十分な機能性と品質を持っているでしょう。しかし、プロが使う包丁は家庭用のものとは一味違うようです。

プロ用のものは、より高い切れ味や強度などが必要になります。

切った食材の断面を美しく見せることができるような、匠の技で作られた高級包丁を持つ人が多いようです。良い鍛治屋が造ったものは刃持ちが良く、長く使用することができます。

長年使っていても、欠けたりゆがむことのない高級包丁は、その分お手入れの方法が難しいと言われています。包丁の研ぎ方は、簡単なように思えますが実はとても奥深いものなのです。

正確な研ぎ方を知らなければ、いくら良い刃であってもベストな状態を保つことができません。そのため、プロの料理人である以上、砥石の種類や正しい研ぎ方の最低知識は持っておくべきなのです。

また、熟練したプロの料理人でなければ扱いにくいため、一般家庭には不向きだと言えます。和、洋、中華、それぞれのプロ用の刃を選ぶには、通販ではなく実際手に取って見られる鍛治屋で買い求める人がほとんどなようです。

高い値段のものだけが良い包丁とは言い切れないので、信頼できる鍛治屋を選ぶことが大切です。